aster-jp's diary

未熟なので学ブログ

バレンタインデーというプレッシャーからそろそろ解放されてもいいと思う

f:id:aster-jp:20170212210123j:plain

 

2月14日といえば何の日かわかりますよね!?

 

そうバレンタインデーです。

 でもこの日って何の日か皆さんしっていますか?

 

「え? 女性が男性にチョコレートを渡す日でしょ?」

 

いえいえ、そんな日ではないんです。

チョコレートとバレンタインデーは本来は全く関係がないんです。

 

バレンタインデーとは?

まずは事実を抑えます。

wikipediaのすべてが事実だと思いませんが、私はわりと信用しているので以下参照。

 

バレンタインデー - Wikipedia

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされる。

当時、ローマでは、2月14日は女神・ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。祭りの前日、娘たちはに名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したと言われている。キリスト教の司祭だったウァレンティヌスバレンタイン)は、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令した。しかし、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に彼は処刑されたとされる。彼の処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。

要するに、

「ローマでこっそり兵士の結婚式を開催してたバレンタインさんが2月14日に処刑されて祝日になっちゃった」ということ。

 

チョコレートは関係ない。

裏でキリスト教は関係あるが、うん、チョコレートは関係ない。

 

日本ではなぜチョコレートを渡すのか?

日本では広告で宣伝して広めたです。

神戸のモロゾフ製菓が20年以上前の昭和11年2月12日に外国人向け英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』に、「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告を既に掲載

したことを皮切りにして、チョコレート会社はイメージを浸透させ続けました。

 

その結果「バレンタインデー(という愛の日)とは何の日?」と聞かれれば

「女性が男性へチョコレートを渡す日」と答える人が大半となっています。

 

このような限定的な行動に誘導できることは広告ってすごいなと思いますが、

誘導させられる側からすると実は怖いもの。

行動は自分でしているが、行動するという判断は他人が行っているんですよね。

ほうほう。

 

 

意図をもってバレンタインデーにチョコレートを渡してほしい

感謝や愛情を表すのにバレンタインデーである必要はありません。

 

1年のあいだ溜めに溜めた感情をぶつけられると思うとむしろ怖いですよね。

 

もしバレンタインデーという機会を利用するなら意図を持ってほしいですね。

 

例えばキリスト教に入っており、バレンタインでは**する教えになっている。

(想像ですがそんな教えはたぶんありません。)

 

例えば愛の日のバレンタインデーの方がインパクトが強い。費用対効果が大きい。

 

上記のような意図をもっていないなら、バレンタインデー待たずとも

感じたときにプレゼント渡すとか、言葉で表現したほうが自然ですよね。

 

一発勝負よりも細やかなコミュニケーションの方が負荷も小さく軌道修正がしやすいはずです。

 

日本はもともと行事が多い文化なのでバレンタインデーも組込まれちゃっていますが、

チョコレート商戦のように一時過熱しないほうが幸せじゃないかと思います。

 

まとめ

気持ちを伝えるのにバレンタインデーである必要はありません。

その時々に思ったことを伝え合い、時間をかけて仲を深めていくことが大事じゃないでしょうか。

日本人は相手のことを考えて言いたいことを言わなかったり、行動しなかったりすることが多いですが、実は相手のためになっていないことが多々あります。

そのような文化だからこそバレンタインデーという行事を利用したくなるのかもしれませんが、相手と自分のことを考えるのならば変化を恐れずすぐに行動することが一番じゃないかなと思います。