読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aster-jp's diary

未熟なので学ブログ

プレミアムフライデーとか言ってる気持ちの悪いやつは誰だ!?

f:id:aster-jp:20170217225159j:plain

 

みなさんは花の金曜日はいつも何をしていますか?!

 

仲間とあつまって飲み会ですか? 

いいですよねー。

特に仕事終わらせたあとの一杯なんて!

 

あとは恋人とのデートなんていう人もいるでしょう。

 

まさか会社で残業なんて人は・・・残念ながらいますよね。

おつかれさまです。

 

実は最近巷で耳にするキーワードがありますよね。

そう「プレミアムフライデー」です。

 

プレミアムフライデーとは

プレミアムフライデー - Wikipedia

政府および経団連を中心とした経済界が提唱、推進する、毎月末金曜日に普段よりも豊かな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーン。午後3時に仕事を終えることを奨励する働き方改革とも連携し、給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日には、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨している。2017年2月24日より実施。

 

毎月末金曜日に午後3時に退社できるだって!!

 

そりゃあ仕事を頑張ろうと思えますよね。

 

買い物にも行ける。

2泊旅行にも行ける。

自宅でのんびり映画見るのだってわるくない。

 

でも本当にそんなことが実現できるのでしょうか?

 

プレミアムフライデーによって私たちの生活はどう変わる?!

 

プレミアムフライデーを推進しているのは政府や経団連です。

働き方改革の一環として行われています。

 

はたして 導入が本当に進むのか。

導入されるとどのような変化がうまれるのか。

 

いまいち実感がわかない。それが私の正直な感想です。

 

さっそくですが、2017年2月24日から試験導入が開始されるみたいです。

といってもごくごく一部だけで、実際に導入する企業は少ないでしょう。

 

 

「もしプラミアムフライデーが導入されたら何をするか?」

 

そのアンケート結果を掲載している記事を見つけました。

www.itmedia.co.jp

 

結果は男女で少し差があるようですね。

女性の方が外出を好む傾向にあるようです。

 

ただし、1位は男女とも同じで「家でゆっくり過ごす」。

 

金曜はエネルギーチャージ、土曜日から思いっきり遊ぶぞ!!って感じでしょうか。

 

男性に関しては5人に1人が「特になにもしない」と答えているのもポイントですね。

 

午後早く退社したところで大きな変化にはならないと感じているようです。

 

私個人はというと、女性の傾向と同じで

買い物、映画、家事、本を読む、運動、などの活動時間を確保すると思います。

 

いつもと ”ちょっと違う” 日は、なんだか気持ちも ”ちょっと違って”いるものです。

 

(小学生のときは毎週水曜日は早く下校する日だったのですが、そんな気持ちです。)

 

その気持ちの高まりをうまく活動に向けて、有意義な時間に使っていきたいものです。

 

プレミアムフライデーに期待できない理由

 

さっきはプラミアムフライデーに期待することを書いておきましたが

現実的な考えると簡単ではないだろうと予想できます。

 

プラミアムフライデー自体の目的は、労働時間を短くすることではありません。

 

個人のプライベート活動時間を増やすことによって個人消費を活性化させることです。

 

そのため各企業に対して会社員の労働を減らすような圧力はかかりません。

 

すると多くのサラリーマンは早く帰る分だけ別の日に働くということになります。

 

これをきっかけに仕事の生産性を向上させましょう、という方向に向かうのならば

非常に優れた会社でしょう。

 

業務を見直して無駄なことなことはやめましょうよ、と声がでる会社はきっと

今後も伸びることでしょう。

 

ですがそうならなかった時は悲惨です。

 

疲れているのにまだ仕事が残っている。なのに月末金曜は早く帰らさせられる。

 

想像しただけでイライラしちゃいました・・・

 

具体的な成功イメージが見えてこないアイデアは、なかなか達成が困難なものです。

 

今の社会が取り組むべきことは労働を時間で制限することではなく、

労働を生産性高く管理できる人を育てることだと思うのでは私だけでしょうか。

 

まとめ

プラミアムフライデーの成功イメージが曖昧な状況では

大きな結果を生むことは難しいでしょう。

 

どこから出てきたのか知りませんが、本当にいまそれをやるべきなのか、

きちんと説明できるロジックがない限り、気持ちの悪い話に思えています。

 

もちろん前向きに捉えることもできるでしょう。

 

労働の生産性を上げよう、無駄な仕事はばっさり廃止しよう、

という活動が促進されるかもしれません。

 

つまり各人の受け取ってからの行動次第なのですが、

これほど広い範囲に向けて広報するのであれば、

もっともっとビジョンを固めたメッセージにしてほしいなと思ってしまします。

以上。